今日もあついですね?。

今日は昔からの言い伝えの「男清水」「女清水」お話をひとつ・・

 

今の大町商店街を境にして東側は里山居谷里の湧水「女清水」と呼ばれ、西側は北アルプスの上白沢「男清水」と呼ばれていました。それは昔のお話で東の部落は女の子しか生まれず、西側の部落は男の子しか生まれなかったということです。のちにその水を合わせて村人たちは円満に暮らしたというお話です。

 

二つの水を合わせた水は縁結びの水、夫婦円満の水と呼ばれています。大町温泉郷は北アルプスの湧き水は「男清水」です。温泉郷内に水汲み場がありますので、飲んでみてはいかが・・

 

最近のブログ記事

カテゴリ


  • 黒部ビューホテルフェイスブックページ
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ